坐骨神経痛と東洋医学の鍼灸

坐骨神経痛について


坐骨神経痛とは

坐骨神経とは、腰から太ももを通って足先に伸びる神経の膝のあたりまでをいいます。この神経がどこかで障害を受けると、坐骨神経痛が起こります。あくまで症状に対しての名称です。坐骨神経痛は、腰痛で始まることが多く、次第にお尻、太ももという広範囲のどこかで神経が圧迫されて痛みが生じ、片方の臀部、太ももの後ろ側、ふくらはぎ、かかと、つま先なまで痛み・痺れを感じるようになることもあります。鋭く、電気が走ったような痛みや、 ピリビリとしたしびれ、強く張っている感じ、などの症状が生じることがあります。 さらに悪化すると痛みや麻痺によって、歩行が困難になる、座っているのが辛い、足の感覚が鈍化する、足に力が入らない、筋力が低下して左右の足の太さが変わる、といった症状が現れることもあるようです。

坐骨神経が圧迫や刺激を受けてしまう原因は様々で、坐骨神経痛は病名ではなく症状の名前ということになります。若い人に最も多い原因は腰椎椎間板ヘルニア、ついで梨状筋症候群だといわれています。高齢者は最も多いのは腰部脊柱管狭窄症だといわれており、変形性腰椎症なども多いようです。その他、坐骨神経そのものの炎症や腫瘍、周辺の筋肉や靭帯による坐骨神経の圧迫、帯状疱疹などで坐骨神経痛が起こることもあるとされています。

坐骨神経とはどんな神経
坐骨神経は人体のなかでもっとも太く、長い末梢神経で、腰のあたりから爪先まで伸びています。腰椎の4・5番目の神経と仙骨の前面から出て神経が臀部から大腿部及び下腿部に走行する神経です。お尻、大腿後面、下腿外側および後、足の外側と走行しています。この坐骨神経の走行に沿って、腰・臀部から下肢にシビレや激しい疼痛をきたすものが坐骨神経痛と呼ばれています。

坐骨神経痛の原因
坐骨神経痛を引き起こす原因として椎間板ヘルニアが多くあげられますが、そのほか脊椎腫瘍、脊柱管狭窄症、脊椎分離症、脊椎すべり症なども原因となります。

①腰椎椎間板ヘルニア
腰骨(こしぼね)は5つの腰椎と1つの仙骨(せんこつ)、そして椎間板というクッションから出来ています。背骨は、椎体という骨によって構成されています。この椎体と椎体の間には、クッションの働きをする椎間板という軟骨があります。このパンの部分が裂けてアンコが出っ張り、それが後ろにある神経に悪さをして痛みやしびれ、麻痺などを起こすのが椎間板ヘルニアです。

②腰部脊柱管狭窄症
腰部脊柱管狭窄症とは、腰の部分に脊髄神経を通している背骨のトンネル」が狭くなってしてしまうために神経が圧迫され、血流が悪くなって、腰痛や足のしびれが出てくる病気なのです。 先天的な原因(生まれつき脊柱管が狭い、弱い)の場合もありますが、多くは加齢によって腰椎が変化し、脊柱管が狭くなってしまったために起こります。

③変形性腰椎症
腰椎の加齢変化によって腰痛が起こる病気です。腰は腰椎から骨盤までの間を指し、骨盤が上半身の重みを支え、腰椎がその重みを足に伝えて体を前後左右に動かしています。変形性腰椎症は、椎間板の加齢変化を基盤として、椎間関節や靭帯組織などにも変化を来し、その結果、筋肉組織を含め腰部の疼痛やだるさなどの局所症状をもたらすものです。

この他にも、腰椎分離症やすべり症、梨状筋症候群、外傷による圧迫、帯状疱疹、カリエス、脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍といった腫瘍、糖尿病、アルコール依存症、喫煙、ストレスなどの原因で起こる場合もあります。また、これらの疾患や原因がなくても、発症することがあります。

坐骨神経痛主な症状
症状というのはいくつかの種類に分けることができる

1.腰の痛み、臀部の痛み
2.太ももの裏、足へかけての痛み、しびれ
3.体を動かすと痛みやしびれが悪化する
4.痛みのため歩行が困難になる
5.足に力が入らなくなる
6・足の筋肉が左右で差が出てくる

足のしびれの出る場所

坐骨神経痛は、主にお尻から足先まで伸びる神経ですが、症状もよりますが、腰やお尻で神経が圧迫される場所によっても痛みやしびれの出る場所が異なります。

・お尻
・太ももの裏側
・太ももの外側
・ふくらはぎ
・ふくらはぎの外側
 ・足の指(親指〜小指)
・足の裏
坐骨神経が圧迫されることで、神経そのものもダメージを受けます。その期間が長くなったり、痺れのある状態で無理をすると、その分ダメージは大きくなり、痺れの種類も変わってきます。簡単にその過程を説明すると下記のようになります。
 腰の痛み、お尻や太もも、足の張り、足の痛み、足の痺れ
 このような経過をたどりながら悪くなります。そして、足のしびれは、足先(末端)に出れば出るほど悪いとされています。

坐骨神経痛の西洋医学治療法
西洋医学では、痛みに対して鎮痛薬・筋弛緩剤などの内服薬や 座薬、牽引療法などありますが、なかなか効果が上がらない方も多いようです。また、最後の治療法としては手術する場合もあります。問題になるのは長期間に渡って鎮痛剤を服用したり、座薬を連用することです。痛み止めや座薬などの副作用で胃腸を壊したり、胃潰瘍になってしまう方も多いのが実情です。坐骨神経痛は西洋医学で有効な手段がとれないときには、鍼灸など東洋医学治療法をうまく利用すると道が開けることがしばしばあります。ここで問題になるのは、「痛み、しびれ」があるからといって、長期間に渡って鎮痛剤を服用したり、座薬を連用するのは良くありません。そこで、東洋医学は西洋医学で有効な手段がとれないときには、中国鍼灸をうまく利用すると道が開けることがしばしばあります。

自分できること

冷やす:坐骨神経痛の治し方の基本は、まずは安静にすることだそうです。そして急性の場合は、氷や冷たいタオルで冷やしてみるのが良いとされています

温める:痛みは強くない痛みが続いているなど、慢性の場合は、ホッカイロや蒸しタオル、入浴などで温めると痛みが和らぐことがあるそうです。ただし、患部にケガや打撲、炎症が見られる場合、温めることで痛みが増す場合は中止してください。

ストレッチ:症状が軽くて、慢性的な坐骨神経痛の場合は痛くならない程度のストレッチが効果的とされています。ストレッチは、お風呂上りなど、血流が良く、筋肉もほぐれている時の方がより効果があるといわれています。、痛みが強い時安静にするようにしてください。