椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアが起こるしくみ

椎間板は、背骨を構成する椎骨のあいだにあるクッションの役割をする器官です。腰痛、坐骨神経痛の原因となる椎間板ヘルニアは、この椎間板に起こる障害です。 椎間板の内部には、ゼリー状の髄核とよばれるものが入っていて、この8割は水分です。なので、椎間板は水がはいったクッションとも考えていいと思います。ふだんは弾力性に富んでいる椎間板ですが、20歳を過ぎると早くも水分が減り、老化が始まります。老化が進むと、弾力を失い、外部からの圧力によって傷みやすくなってしまいます。老化といっても、若くても椎間板ヘルニアになる人が多いのは、日常生活の中では横に寝ているとき以外は、椎間板は圧力につねにさらされているからです。 椎間板は水分に満たされた平たい円柱状で、この円柱は、背骨がS字曲線を描いているうちは健康な形を保っていますが、不自然な姿勢や動作を続けたり、スポーツなどで強い力が加わると、次第に変形してきます。この強い力が加わり続けてしまうと、ついに耐え切れず、線維輪が破れ、中の髄核が飛び出してしまいます。この飛び出した髄核が神経根や馬尾を刺激して、腰痛や坐骨神経痛を引き起こすのです。

椎間板ヘルニアの原因

なぜ椎間板ヘルニアが起きるかについて簡単に説明します。人間の脊椎(せぼね)の上下椎体の間にある軟骨は、クッションの役割をしているもので椎間板と言います。hirunia前側の前縦靭帯は厚くて腹部内臓器を保護しています。ところが、椎間板の中心より後方にあり、しかも後縦靭帯よりも薄く、その上線維輪も前方より後方が弱くなっています。そのため、髄核は後方に脱出したり突出しやすくて、椎間板ヘルニアになるわけです。なにらかの原因で椎間板が神経根を圧迫するようになると下肢症状等を引き起こしてきます。発病の原因ははっきりとはわかっていませんが、危険因子としては重いものを持ち上げる、押す、引っ張る、体をひねる、長時間の座り仕事や車の運転、喫煙などがあげられます。

腰椎椎間板ヘルニアの症状
腰椎椎間板ヘルニアの症状は様々なものがありますが、典型的な症状は腰痛とお尻の痛み、坐骨神経痛に代表される下肢症状(足の痛み、しびれ、感覚障害、筋力低下)を合併します。個人差と症状の強さによりますが、例として椎以下のように自覚症状がでることあります。

腰椎椎間板ヘルニアの自覚症状

  • 30分以上歩くと腰痛と下肢放散痛(下半身にビリビリとした痛みがあります。
  • 電車などで立っているとすぐ辛くなります。
  • 夕方になると、腰や下肢が辛くて横になりたくなります。
  • 椅子にこしかけて15分くらいで体を動かさないと辛いです。
  • 夜間に腰痛のため目がさめます。
  • 下腿の外側や足背、足指に知覚障害があります。

腰椎椎間板ヘルニアの診断と自然経過
診断には症状の経過、神経学的所見、画像診断が重要です。近年MRIなどの普及で、必ずしもすべてのヘルニアが発症するわけではなく無症状の患者様も多いことがわかってきました。ですから、たとえMRIで椎間板ヘルニアがみられても悩んでいる症状が椎間板よるものなのか、他の良性のかを症状の経過と神経学的所見から区別しなければなりません。特に膀胱障害や排便障害など症状がみられるとき病院で精密検査が必要だと思います。自然経過は大部分は良好です。3ヶ月で60%が自然に改善したとしたとの報告があります。このことからヘルニアの大部分は手術しなくても改善が期待できます。多くの患者が一般に良性で自然治癒しますが、再発も50%にみられます。
これらのことから、3ヶ月過ぎても改善がみられない、椎間板ヘルニアの症状が再発を繰り返す、または増悪する場合は注意が必要ですので、鍼灸治療についてお気軽にご相談ください。

腰椎椎間板ヘルニアの鍼灸治療について

椎間板ヘルニア鍼灸治療法は基本的に中国はり麻酔の原理を基に治療を行っています。症状が軽いヘルニアの方から手術が必要となる方まで、鍼灸の鎮痛作用を利用し、痛みが和らげられることにより腰痛の症状が最善されたり、完治したりすることができます。特効ツボを使って、専用の鍼を使って常に高い有効率が得られています。手術する前や適当な治療法がない場合は鍼灸治療はぜひおススメです。と現在まで鍼の鎮痛効果に関する研究は多数あります。鍼灸特有の鎮痛作用を利用し、椎間板より足の坐骨神経の通路のツボに鍼を打つことによって、その刺激が脳や脊髄といった中枢経路を経て、エンドルフィン、エンケファリン等の鎮痛物質を分泌させ、痛みが和らげられることによりヘルニアの症状が最善されるのではないかと考えられます。ただ、医師の診断を軽んじてもらっては困りますし、鍼灸で簡単に治ると思われても困ります。副作用がないことと施術後の後遺症の心配がないということで鍼灸を受けてみてもよろしいかと思います。

患者の声
当院で治療を受けた椎間板ヘルニア患者様からメールです。
「ギックリ腰をこじらせて 2004年11月に臀部、下肢の痛みがかなり激しくなって整形外科でMRIを撮影、第4と第5の間の椎間板が突出してる中度のヘルニア、第5と仙骨の間も変性、当面は保存療法、手術をするならば医者を紹介するといわれました。低周波電気、赤外温熱、を2ヶ月間実施、激しい痛みが治まるどころか治療中も辛く、決して痛みは軽減せずにギックリ腰の時のようにはいきません。そこで出会ったのが 翁鍼灸院でした。初回の実感で これだ~!!と確信をしました。先生方の対応も誠意が感じられ 継続したならば必ず好転するという前向きな気持ちになりました。中国針の治療中は下肢の痛みが癒され眠気を覚える程に気持ちが良くて自然治癒力がどんどん芽生えてゆく気がしました。最初の2ヶ月は週に2~3回、以降は1~2回、都合3ヶ月間程経過した現在(23回)、日常生活にほぼ支障が無い程の改善(90%)が出来ました。今後 運動療法を中心に暫くは週1回ほど通って納得の行く体造りを~と思ってます。5月頃からは屋外での油彩画写生やゴルフが出来そうです。翁針灸院に出会ったことを心からラッキーであったと感謝しております。先生方、本当に有難うございました。そしてこれからも健康管理の上で何卒よろしくお願いいたします。」