腰痛

腰痛とは

下肢痛などの神経症状を伴わない腰痛のうち、とくに原因となる器質的病変が認めないものです。  一般的に「ぎっくり腰」と呼ばれる急性腰痛症と、痛みは軽いものの強くなったり楽になったりを繰り返す「慢性腰痛症」があります。腰痛には様々な種類があります。筋筋膜性腰痛・腰椎椎間板ヘルニア・脊柱菅狭窄症・腰椎分離症・すべり症、これらを総称して腰痛と呼ばれます。腰痛の原因は、急な動作をした際に筋肉が傷ついたり、腰周辺の筋肉が疲労して凝り固まってしまっていたり、長時間背骨に負担がかかったり、 加齢などにより骨が変形してしまったり、病気であったりなど挙げられますが、痛みが発生する詳しい原因はわかっていない場合が多いのです。腰痛で苦しみ、悩んでいる人は大変多く見られます。腰痛を発生するようになった理由は人間が二足歩行になったことが原因といわれています。二足歩行になった人間の腰部は体の中心となり、あらゆる動きや力を支える基盤となりました。その結果、腰部は多大な負荷を受けるようになりました。 しかし、腰部は背骨1本のみ(正確には少し違うのですが…)でその負荷を受けとめています。そうなると必然的に背骨に付着する靭帯や椎間板やその他の軟部組織、 筋肉への負担が強くなってしまうのです。

腰痛の主なタイプ

急性腰痛

急に腰が痛くなって、症状がひどいとき身体が動けなくなることもあります。不良姿勢などにより生じたものがほとんどです。これはいわゆる(ぎっくり腰)です。「ぎっくり腰」とは、突然「グギっ」と襲われる激しい腰の痛みのことです。ぎっくり腰になると立つことも、動くことも、時には寝ている姿勢も痛く、咳やくしゃみでさえも腰に響き、自分の体をどうすることもできなくなります。軽傷でそこまで強い痛みではないにしても、腰を真っ直ぐ以外に動かすと痛みが走り、前に倒すことも、横をふりむこともできない、と言った状態になることもあります。また、慢性的な腰の痛みを感じている人は、蓄積されていった痛みが爆発するように、激しい痛みに襲われることもあります。主な原因は、蓄積した筋肉疲労と言われていますが、その原因をはっきりと突き止めることは難しく、一人一人発症の仕方も違えば、原因も違うと言われています。予防、治療も各自の症状、生活習慣、体の特性によって違ってきますので、自分に合った予防法、治療法を見つけ、普段の生活からぎっくり腰予防を心がけて生活することが大切のようです。

慢性腰痛

長い間、腰痛が繰り返したり、完治していなかったりして、ちょっと腰を使うとすぐに痛くなるタイプです。大体痛みが3ヵ月以上続くものを指し,治療が長引く場合や,損傷や炎症が治った後にも痛みだけが続いてしまっている状態が考えられます。

①筋・筋膜症

慢性的な腰痛の中では最も多いのが筋肉と筋膜が過度に収縮して固くなっている筋・筋膜性の腰痛です。普段の不良姿勢により筋・筋膜の一部に負荷が掛かり、筋肉が緊張状態となっている為に筋・筋膜を動かそうとした際にスムーズに伸長、短縮出来ないので痛みを出します。

(2)腰椎捻挫

肉体労働者やスポーツ選手に起こりやすいのが捻挫型の腰痛です。繰り返しの動作や不良姿勢により5つある腰椎の関節の可動域が小さくなった状態で急激に関節を動かそうとした際に関節が上手く動かずに腰椎周りにある靭帯、筋腱に痛みを引き起させます。安静、治療を怠ると慢性腰痛に移行します。

(3)椎間関節性腰痛

立仕事など常に腰椎の関節に負荷が掛かりやすい状態にある方や、背骨にズレがある方に起こりやすい慢性的な腰痛ですです。上半身の重み、下半身からの衝撃を上手く吸収できずに関節内に痛みを引き起こさせます。

(4)仙腸関節性腰痛

仙腸関節とは骨盤にある大きな関節で、骨盤、股関節の歪みがある方に起こりやすい腰痛です。骨盤が前傾していると腰を反らすのが困難になり、仙腸関節が開いていると腰を前に曲げるのが困難になるのが特徴です

腰痛の鍼灸治療について

当院では腰痛の方が大勢いらしています。鍼灸適応症の中で腰痛は最も得意な分野のひとつです。整形外科や病院で手術しかないといわれているぐらいひどい腰痛が鍼灸で完治する例も少なくないのです。筋肉痛により軽い腰痛からギックリ腰・坐骨神経痛まで様々な腰痛の鍼灸治療を行います。効果があげています。鍼灸治療により腰の筋肉の緊張をほぐし、柔らかくなることで血流の流れが改善されます。急性の激しい腰痛では、炎症部に滞ったブラジキニン等の痛み物質や活性酸素を解消し、アイシングや安静だけよりもはるかに早く痛みを和らげることが出来ます。慢性の腰痛では、鍼共にお灸で温めることにより蓄積していた乳酸などの疲労物質が取り除かます。疲労感が減り、慢性的な痛みやだるさが解消されやすいのです。 腰の周りの有名なツボ:腎ゆ、大腸ゆ などを使いますが手と足にある腰痛に有効なツボもよく使われています。慢性腰痛の場合は針の後に温灸が効果的で

 ke15a