坐骨神経痛の原因と年齢

高齢者の坐骨神経痛は、腰部脊柱管狭窄症が原因のことが多いですが、若い人の坐骨神経痛は、腰椎椎間板ヘルニアが原因のことが多いです。腰部脊柱管狭窄症は、50代を超えた中高年者に多くみられ、腰部の脊柱管が老化や骨粗鬆症などで損傷し、狭くなる病気です。馬尾や神経根が圧迫されて、腰痛や下肢痛が起こることがあります。腰椎椎間板ヘルニアは明らかな原因がないことも多いのですが、日常生活でのさまざまな姿勢や動作、運動などがきっかけとなって腰椎に強い力や衝撃が加わったことが原因で発症します。椎間板ヘルニアになった患者さんを調べると、おもに20代と30代の人に多く、このことから、椎間板ヘルニアが原因の坐骨神経痛は、比較的若い人に起こりやすい病気といえるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA