椎間板の老化について

椎間板の老化はこうして起こます。椎間板は、20歳ごろから内部のゼリー状の髄核の水分が減りはじめ、30歳ごろには線維輪の水分も失われるようになり、全体の弾力が失われていきます。これが椎間板の老化です。 椎間板の形状は、体の前方(腹側)に厚く、後方(背側)に薄いため、脊椎が前屈すると髄核が移動して後方の薄い線維輪に圧力がかかり、その部分が後方(脊柱管側)に突き出たり、線維輪が損傷して髄核が飛び出したりするようになります。こうした状態になったものが椎間板ヘルニアです。 飛び出した椎間板ヘルニアが馬尾や神経根を圧迫し、炎症を起こすと痛みが生じます。椎間板ヘルニアは腰椎だけに起こるものではなく、脊椎のあらゆる椎間板に発症する可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA